老けて見える?顔のたるみの原因は表情筋の衰え

サイトトップ引き締め効果必要な成分の摂取方法衰えた筋力の回復美容皮膚科で安全な治療人気のたるみ治療効果的な成分を与える若々しい輪郭に食生活の注意点内側からのたるみケアたるみを確実に解消する顔のたるみが目立つ部分美容に欠かせない成分隠すより治す注射やセルフケアハリを取り戻すあらゆる美容効果がある仙台の優良医院ソララクリニック筋トレの習慣見た目年齢ヒアルロン酸の注入たるみの引き上げSITEMAP

 朝、鏡で自分の顔を見て、ドキッとした経験は誰にでもあるはずです。
理由は人によって違うかもしれませんが、そのひとつがフェイスラインの
崩れです。

なんとなくいつもと違った感じがする、逆三角形だった輪郭がベース型に
なっていると感じるのは、顔のたるみが始まっている証拠です。

ひどくならないうちに戻したいものですが、なにが原因なのでしょうか。

まず体重の増加が考えられます。
体重が増えることで頬に脂肪がつき筋肉が耐えられなくなって重心が
さがります。

また小声で話すことが多くなった、忙しくて食事の時によく噛まないと
いうようなことが増えると口や頬の周りの筋肉が衰え、顔のたるみに
つながります。

筋力の衰え

顔のたるみが進むとマイナスなことがいっぱいです。

年齢よりも老けて見える、あごの周りがぼやけて太って見える、口角が下がって陰気な印象になるなど、できるなら避けたいことばかりですがどうしたらよいのでしょうか。

そういう場合は顔のたるみが深刻になる前に表情筋を鍛えるトレーニングをすることです。

体の筋肉はいくつになっても鍛えられるものですが、それは顔も同じです。

表情筋を鍛えるトレーニングをして顔のたるみを解消することで、
引き締まったフェイスラインを取り戻すことができます。

表情筋トレーニングでフェイスラインを引き上げよう

顔のたるみで老けて見られるポイントは主に3つです。
目の下と口の周り、あご周りで、これらに関係する表情筋を鍛えれば
たるみを解消することができます。

まず目の下の引き締めですが、顔は正面を向いたまま視線をぐるりと
一回転させます。

このときゆっくりと動かすことが大切で、その刺激が目の周りの筋肉を
鍛えることになります。顔の引き締め運動

口の周りの表情筋トレーニングはあ・い・う・え・おの母音5音を
大きく口を開けてはっきりと発音することです。

あの音は口を上下に開けることを意識して首に縦筋ができるくらい大きく、
いの音は口を左右に開くことを意識してこちらも首に筋ができるくらい
開けます。

 

うの音は口を思いっきり前に突き出し、えの音は口角を上げることを
意識して、おの音は鼻の下をできるだけ長く伸ばします。

いずれの発音も口を開けていることを意識しながら5秒間程キープすることが
ポイントです。

あご周りのトレーニングは、顔の下半分にあたる下あごを左右に
ゆっくりと20回から30回ほどずらします。

この動きを繰り返すことであごの周囲の筋肉を鍛えることができます。

これまでに紹介したエクササイズはどれも手軽にできるものばかりです。

筋力は衰えるものだからと悲観的にならないで、表情筋トレーニングで
顔のたるみを引き上げれば若々しさを取り戻せます。


  • ホーム
  • 顔のたるみへの注射
  • コラーゲン量
  • 顔のたるみを解消していくエステ
  • たるみの原因
  • 引き締める
  • 顔のたるみを治療するクリーム
  • たるみを引き上げる
  • 顔のたるみと栄養
  • サプリの効果
  • 美容外科
  • 部位
  • 顔のたるみを改善させるサプリを使う
  • しみの治療
  • たるみやシワ
  • プラセンタ治療
  • 臍帯幹細胞にたるみ治療を行う
  • 線維芽細胞
  • 顔を鍛える
  • ウェルネスを高める
  • ゴルゴ線とおさらば
  • 表情筋トレーニング
  • サイトマップ