摂るべき栄養素

 肌は年齢とともに少しずつ変化していきますが、顔のたるみは特に
年齢を感じさせやすい変化です。

顔のたるみ対策としては美容外科や美容皮膚科で行われている治療も有効で、
高い改善効果が期待できますが、まだ顔のたるみも初期であれば、治療に頼らず
自宅でのケアで改善したいと考える人も多いのではないでしょうか。

治療に頼らず、顔のたるみを改善させる方法としては、保湿ケアをきちんと行う、
衰えてきた表情筋を鍛えるトレーニングを行ってみるということもおすすめです。
表情筋トレーニングの方法は色々な方が紹介されていますので、
自分に合った方法を探してみるのも良いでしょう。


トレーニングを受ける

そして顔がたるんでしまう原因は、肌の弾力やハリに欠かせない
美容成分が衰えていくこともあげられますので、不足している成分は
しっかりと補っていきたいところです。

食事に気を使うことはもちろんですが、サプリメントの場合は毎日無理なく
肌に良い成分を取り入れることができるので、活用してみてはいかがでしょうか。

クレオパトラも愛用していたプラセンタは胎盤のことだった!?

そもそもプラセンタとは胎盤のことを指し、実は動物であれば
誰もが自らのものを食べることが言われています。

自然治癒力を回復させる効果があるために、出産によって失われた体力を
何とか回復させようと、動物はこれを食べようとします。

また、ホルモンを多く分泌させる成分というのもあるために、
それによって母乳が出やすくなるというのが本能でわかっていることからも、
人間ではあまり考えにくいようなことを動物はします。

実際にこのプラセンタを薬として用いることになったのは
ヒポクラテス(紀元前400年頃)の時代とされています。

当時、古代エジプトの女王として君臨していたクレオパトラは
若さを維持するためにプラセンタを服用していたという言い伝えがあります。

クレオパトラに限らず、世界各地で重宝され、漢方薬として
活用されるケースもありました。

プラセンタには多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが入っており、
健康はもちろんのこと美容にもぴったりなものです。

美肌やお肌の修復など、様々なことに用いられてきました。
紀元前の時代でありながらも、美貌を維持してきた背景として
プラセンタがあることは言うまでもなく、アンチエイジングにも
効果的とされています。

バランス良く取り入れたい栄養素

まず、摂っておきたい成分としては医療機関でも治療で利用されているプラセンタ、
さらに潤いを与えるヒアルロン酸、ハリのある肌作りに欠かせないコラーゲン、
エラスチンなどがあげられます。


ビタミンCもコラーゲンの生成には欠かせない成分ですので、こちらもしっかり
取り入れていきたいところです。

このほかではビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化作用の高い成分も
アンチエイジングに役立ってくれます。

個別にたくさんの成分を摂るとなると手間もかかりますが、美容に良い成分が
バランスよく配合されているサプリもありますので、しっかり比較して
良いものを選びましょう。


良い物を選ぶ

そして成分がしっかり吸収できる工夫がされているかも確認しておきたいところです。

このように、顔のたるみをセルフケアで改善する方法にもたくさんの手段が
ありますが、これを自分でしっかりやっていこうと思うとやはり
大変な部分も大きいです。

必要があれば専門家に頼ってみてはどうでしょうか。

 

  • 顔のたるみ
  • 注射
  • コラーゲン量
  • エステ
  • たるみの原因
  • 引き締める
  • クリーム
  • 引き上げる
  • 栄養
  • サプリの効果
  • 美容外科
  • 部位
  • サプリを使う
  • しみの治療
  • たるみやシワ
  • サイトマップ